葬儀の際に故人を尊重しよう~安らかな眠りを~

男性

由来は何なのか

葬儀会場

そもそも、葬儀とは一体何の為に行う物なのでしょうか?これは人の死を弔う為に行う物だといわれています。しかし実際は、残された人達の気持ちに整理を付けると言う意味合いで行う事が多いです。これは様々な文明が進化するずっと前の、旧石器時代から行われている方法です。現在確認されている所では、イラクにあるシャニダール洞窟と言う所が最古だと言われています。ここにおよそ10万年も前に住んでいたネアンデルタールが、仲間の葬儀を行ったであろう痕跡が発見されているのです。洞窟内部には存在しないはずの花の花粉が確認された事がきっかけです。日本では、縄文時代には同様にお墓や遺跡の形跡が見つかっています。この時代の葬儀は今のような概念で行われている物では無く、死者の魂を封じ込めると言う意味合いで行われていたと考えられています。今でも、死者の魂がついてこないようにとか、魔除けの為に…と言う形でそ葬儀に様々な決まり事が組み込まれていますよね?それらの原型が出来たのはこの時代からだったのかもしれません。今では火葬によって人を弔いますが、この時はまだ火葬と言う概念がありませんでしたので、土葬による供養を行っています。実は日本で火葬が当たり前になったのは割りと最近で、一時的に火葬があたりまえになった時期もあったのですが、宗教的な観念から禁止されていた事もあるのです。どうして日本が火葬になったのか、また禁止される事になったのか、その事について次でお話していきましょう。