葬儀の際に故人を尊重しよう~安らかな眠りを~

男性

弥生時代

フラワー

昔の日本では、弥生時代あたりから墓穴や墓石と言うような習慣が出てきます。この墓石として石を置くと言う行為が、権力者によって巨大になった物が古墳です。しかし、この頃はまだ全員が全員埋葬されるわけでも、葬儀があるわけでもありませんでした。この時に墓を持ったのは身分の高い特権階級の人達だけだったのです。平安時代に入ると、やっと死体を火葬して弔うようになってきます。これは今から700年前に道昭と言う僧侶が日本で初めて火葬されたと言われています。しかし、伝染病の恐れや臭い、埋める場所の無さ等から、それ以前から火葬が行われていたのでは無いか?と解釈する人もいます。そもそも、火葬と言う方法は6世紀半ばに伝来した仏教によるやり方です。この時の名残があるから、日本は無宗教なのに何故かお葬式は仏教の形をとっているのですね。火葬と言う方法がていつ開く下のは平安時代に入り、天皇や特権階級の人達が仏教を積極的に取り入れたからなのです。鎌倉室町時代に進めば、火葬はあたりまえとなり、遺骨を骨壷に収めると言う概念も出てきました。このまま現代の様式に定着するかと思いきや…明治時代に入った事で振動が国家的な加護を受けるようになります。それにより、仏教の方法=火葬ですから、それが禁止されたのです。しかし、丹生本は海外のように広い土地がありませんし、公衆衛生の観点から火葬をいつまでも禁止している事はできませんでした。実際に火葬禁止となっていた期間は短かったようですね。