葬儀の際に故人を尊重しよう~安らかな眠りを~

男性

直葬をする

数珠

いたって一般的な葬儀を行うのに、一体どれだけのお金が必要かご存じですか?今日本で1回葬儀をしようと思えば、かかる費用は約300万円です。昔は貯金や遺産があり、兄弟や親族があり、退職金や死亡退職金に年金があり…と言うように、家にはたくさんのお金があるものでした。しかし、今の日本ではそのような家は非常に少なく、葬儀費用約300万円なんてまったく払えない!と言う人も多いのです。核家族化が進んでいたり、晩婚化、中には一生結婚しないで過ごしている人も多いですから、親の葬儀×2、そして墓や供養台はバカになりません。それに、お墓を建てたとしても、参りに行く人、管理する人が誰もいない…と言う場合もあります。そんな現状から…実は最近葬式の業界でも変化が起きています。今1番利用頻度が高い葬儀と言えば、直葬です。この直葬とは、ひと通りの式をせず、人も迎えずに病院からそのまま火葬場へ行って火葬すると言う方法です。この方法で供養すれば、葬儀費用は約300万円→30万円程度に減額されます!更に、お墓等を作っても意味が無いから…と言う理由から、散骨や手元供養等を選択して墓を残さない人もいます。戒名なども必要では無いとして、さっぱり切り捨てている人も少なくはありません、葬儀は本人の意志…または家族の意志によって行う物ですから、どんな形でも良いのです。できれば、生きているうちにしっかりと自分の葬儀や家族の葬式の事について話し合っておく方が良いでしょう。