葬儀の際に故人を尊重しよう~安らかな眠りを~

お墓

由来は何なのか

葬儀会場

葬儀を行なう理由は様々です。故人の死を弔うために行なうこともありますが、中には残された人たちが気持ちの整理をつけるために行なうこともあるのです。そんな葬儀は、火葬や土葬とスタイルは色々です。

View Detail

弥生時代

フラワー

昔の日本の遺体の埋葬は、場所や伝染病と行った関係から火葬をすることが多くありました。そして、火葬は現代の葬儀のスタイルに定着しました。また、骨を骨壷に納めるのも昔には無かった概念なのです。

View Detail

いつかやってくる瞬間

葬式

これまでお葬式に参加した事はありますか?貴方だって、生きていればいつか親の葬儀を取り仕切らなければいけない日が来るのです。その時に必要な葬式の常識、葬儀マナー…墓石等の値段の相場はしっかり理解していますか?知らないままでいれば、恥をかくのも困るのも貴方なのです。それに、葬儀と言う物は故人の為にも、そして残された親族等の為にもきっちりと執り行わなければいけない物なのですから、貴方が今のんびりしている間にも、時間は迫ってきているのです。昔は、家族やおばさん、近所の人等がいましたし、兄弟もたくさんいた事から、喪主1人が困る事もありませんでしたし、葬儀や葬式に関する知識も勝手についてくるものでした。しかし、今では核家族化が進み、不景気から子供を作る人も少なくなり、親2人の葬儀が1人の子供にのしかかってくる事も少なくありません。貴方がもっと葬式をきちんとあげたい、しっかりと墓石等の購入にむかって貯蓄したい…そう考えているのであれば、今からちゃんと対策をしておきましょう。最近では、葬式の形も昔とは変化し、もっと簡単になってきていますし、墓石等の事情やお墓の事も変化してきています。時代によって、人を弔う方法と言うのにも変化があるのです。それにこれは、自分自身の葬儀の事にも関係する物ですから、きちんと知識を持ち、準備する事は悪い事ではありません。墓石や墓地の事になると、もたもたしていては初七日が来てしまいますし、納骨の期限やお寺との兼ね合いもありますからね。

直葬をする

数珠

葬儀には多額な費用がかかります。そのために、費用が安く抑えられる直葬を行なう人が多くなってきました。また、ひと通りの段階の式をしないで、直葬は病院から火葬場まで直接向かうのが特徴的です。

View Detail